長期保存可!海外生活で日本の豆腐の味なら「森永絹ごし豆腐」。

海外生活において、毎日の食卓を「いままで食べていた味」にどれだけ近づけられるかで、海外生活QOLが大きく左右されます。

[ad#co-1]

その大きな味方がこの「森永絹ごしとうふ」です。前回お伝えした「ほんとうふ」は、自分でお鍋を使って作る必要があります。でもこれは、パックから出してそのまま食べられます。それ、普通の豆腐じゃん?いえ、違います!!これは、なんと10ヶ月もの長期保存が可能な豆腐なんです!!!

今回は、海外生活における「森永絹ごしとうふ」の威力についてご紹介します長期保存可!海外で豆腐がストックできる♪

なんてったって、一番海外在住者にうれしいことは、長期保存可ということです。その期間は10ヶ月!!森永乳業さんののサイトによると、

保存料や防腐剤を使用せず、紙パックに無菌充てんする森永乳業のロングライフ技術で長期保存※ができる豆腐、

※要冷蔵(10℃以下)

http://takuhaimilk.ne.jp/tofu/tofu_himitsu.html

なのだそうです。保存料などを使っていないのもうれしいですね。安心して、子どもにも食べさせられます。

つるんとした口ざわり♪海外で絹ごし豆腐が食べられる幸せ♪

で、お味のほうはどうなのかというと、おいしいんです!特につるんとした絹ごし独自の口ざわりが私はとても感動しています。私たちが住んでいる東欧の国でも中華料理屋さんなどで豆腐を使った料理もあるのですが、たいてい豆腐が固くてもさもさしている。。。やっぱり日本のものとはちょっと違うんです。だから、この絹ごし豆腐で作った、味噌汁とか麻婆豆腐などは我が家の定番メニューとなっています。

 

我が家では、「森永絹ごしとうふ」常にストックしています!

我が家では帰国のたびにこの「森永絹ごしとうふ」を2ケース程(1ケース6丁入)買って持って帰っています。重たいしかさばるんだけど、やっぱり絹ごし豆腐を食べたいんです。

アマゾンや楽天等で購入可能ですので、ぜひ一時帰国の際や海外に住んでいるかたへのお土産にしてはどうでしょうか?

それでは!

★ブログランキングに参加しています★

たくさんの駐在妻さんのブログが見られるので参考になりますよー。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

[ad#co-2]

[ad#co-1]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です