海外移住までの夢のスケジュール!

いつかは海外移住(駐在ではなく)を目指しています。
今も海外に住んでいますが、数年内に帰国することは決まっているし、
駐在員の妻というステータスなので、実際の生活は家事と育児でほぼ一日が終わる生活です。

でも、できることはしておきたい。ということで、
今は夢、妄想に近いかもしれませんが、
海外移住のスケジュールについて
現時点で考えていることを書いておきたいと思います。

よく「書くと現実になる」っていうし、
私も20代半ばに「30才までに子どもを産む!」って書いてたら
実際、29才と10ヶ月の時に娘を出産できたし!ね!!

ということで、以下、海外移住、夢のスケジュールです。

30~35才:東欧の国で海外駐在(今年は32才)

実際はもう少し早めに帰国になるかもしれないです。この期間には、海外生活はどういうものかってのを体験またブログに書き起こしながら、この国を基点に他国にも旅行に行って見聞を広めたいと思っています。英語は、日常生活に困らないレベルまでには到達したい。ビジネスレベルまでは考えてません。他にもやりたいことしなきゃならんこともあるし。
あとは、帰国後にどんなスキルや勉強や仕事をするかの整理をしておく。いずれは海外移住を考えるからこそ、日本での経済的基盤や己のスキルを磨いておくことが重要だと考えいています。

35~40才:日本での基盤作り
娘は幼稚園に通うと思うので、その時間はどこかに働きに出ます。具体的にはおいしい和食屋さんで修行したい。料理が好きなので、海外での現地通貨獲得手段として日本料理店をやりたいなーと思っています。あとそれ以外に、外貨(日本円)獲得手段、主に不労所得というかたちで手に入れておきたい。

40~45才:再び海外駐在
旦那が今の仕事をやめていなければ、これくらいで再び海外駐在になるんではないかと考えています。どの国になるかはまったく不明だけれど、将来の海外移住に向けてどの国に住むかの選択肢や知識を増やすいいチャンス。このタイミングでインターナショナルスクールに娘が入ればバイリンガルになるかしら??私は日本での職は辞めなければならないけど、その分不労所得のほうに力を入れてコツコツ資金をためたい。

45~50才:帰国、海外移住のための各種スキル研鑽!!
日本に帰国したら、海外移住のための最終調整に入ります。不労所得による安定的な収入の確保、日本料理スキルの向上、飲食店経営のノウハウ習得などなど。

50才~55才:海外移住!!現地での基盤づくりに集中
さあ海外移住です!そのころ娘は20才になっているので、己の道を歩んでいることでしょう。育児からは開放されているはずなので、現地での生活に慣れるとともに、日本料理店開業のために、日夜奔走する日々。年齢的にもこの辺りがアクティブに活動できる限界でしょうか。踏ん張りどころですねー。

55~60才:海外での生活が安定期に入る。
現地通貨も定期的に入ってくるようになって、生活が安定します。海外を拠点においたけれども、年に2~3回は日本に帰って親戚にあったり、日本食を食べたり、日本食材を購入したりします。また、定期的に海外旅行にも出掛けます。

60才~:体力が続く限り働く
定年の年になりましたが、おそらく年金もそうそう期待できないので、不労所得に頼りつつ、できるだけ現地で仕事を続けていく。生活のハリにもなるし、現地での人とのつながりを保つうえでも重要です。そのためには、それだけの価値を提供していかなくてはいけません。おばあちゃんになっても自己研鑽あるのみ!

以上です。ばら色で楽観的すぎるかもしれないな。かと思えば、思ったより時間ないし!!
でも、書いてるうちにワクワクしてきました。目指せ!50までに海外移住!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です