乳幼児予防接種はできるだけ日本で!外国人は後回しってことも(体験談)

こんにちは、nodayaです。昨日、友人が「明日インフルエンザの予防接種受けてくる」と言っていました。はぁもうそんな時期なんですね。それで、予防接種に関して思い出したことがあります。

それは、娘の乳幼児時期の予防接種@日本は、けっこうたくさんあって海外移住控えてたし大変だったなってこと。あと、東欧の国に来て、受けられるという話だった予防接種が受けられなくて、一瞬焦ったなぁこと。

以上の経験から、今回、乳幼児の予防接種はできるだけ日本で!!ということを声を大にして言わせていただこうかと思います。

スポンサーリンク




娘0~6ヶ月までは、出国まで漏らさず予防接種受けることに必死!

私の場合、娘を日本で出産し、生後6ヶ月の時、東欧の国に移住しました。出産前から海外移住することは分かっていたので、予防接種は日本で受けられるもの受けといたほうがいいだろうなーっと漠然と思っていました。

で、イザ予防接種を受けるとなると結構大変で!!生後2ヶ月に入ってから6ヶ月目まで、毎月、受ける必要がありました。また、接種後は次の接種まで時間を空けないと、次が受けられません。出国日が決まっていたので、それまでに確実に受けられるように、後半は日数計算しないといけませんでした。でも、もし予約した日に娘or私の体調が悪くて受けられなかったら、その計算がパー。間に合わない可能性もでてくるななんて考えて不安になったり。体調が戻りきらない中、育児に慣れるだけでも四苦八苦しているのに、そいういう計算とか病院の予約とか準備とか、そもそもどんな病気予防のための接種だっけ??て調べたり、「予防接種」心身共に思った以上に負担がかかりました。

結果として、出国前に生後6ヶ月までに受けられる定期の予防接種(ヒブ、肺炎球菌、四種混合、BCG)は全て受けることができました。最後の接種が無事終わった時は、ほっとしたなー。

娘1才、東欧の国で予防接種受けることが難しいことが判明!焦るが、事なきを得る。

で、移住して約半年後、東欧の国で娘が1才を迎えました。じゃあそろそろ次の予防接種をここで受けよう~と思って、日本大使館に問い合わせたところ、「予防接種受けるの難しい」という答えが返ってきました。え?受けられるっていう話だったのに!!話違うやん!と思ってその理由を聞くと、「今、ワクチンが不足している。現地の人も受けられないので国内的に問題になっている。だから、外国人にはまず回ってこないだろう」ということでした。おそらく、私たちが移住した頃は、安定的にワクチンが確保されていたけれど、何らかの理由で現在は不足するようになった、ということなのでしょう。状況が変わってしまったのです。さあどうするか。焦りました。予防接種のために日本帰るか、はたまた、近くの他の国に行って受けるか、ということまで考えました。

結論として、次回の一時帰国時に受けても間に合うことが分かりました。すこし時間はあいてしまうけど、後に控えてる予防接種にも影響はなさそうでした。ほっと一安心。

今回は、生後6ヶ月までの予防接種を受け終わっていたから事なきを得たものの、この状況がもし、生後6ヶ月内に起こっていたら、、と思うと、心労半端なかったろうなと思います。

娘1才半。一時帰国時に受けられるものは受けておくことに。(ただし全額自費、泣)

主人は駐在員なので、職場が義務付けている年1回の一時帰国があります。なので、その時に、残りの予防接種は日本で受けることにしました。はーこれで安心です。ただし、1つだけ落とし穴がありました。それは、予防接種を受ける費用は全額自費になる、ということ!!なぜなら、通常、定期接種になっているものは、自治体が全額補助してくれるのですが、私たちは海外在住。つまり日本に住民票がありません。なので、補助してくれる自治体がないのです!!日本に住んでたら0円で受けられるはずの予防接種が、ウン万円かかりました。ショック。まあ、海外生活をすると、こういう、日本にいたら当たり前に受けらるサービスが受けられない、ていう事態が生じるんですね。。勉強になりました。

まとめ、予防接種事情は国によって異なるし変動するし、自国民優先。だから日本で受けとくにこしたことはない。

以上、いろいろとすったもんだありましたが、娘は滞りなく予防接種を受けることができ、大きな病気にかかることもなく成長しています。これが何より。

子どもが乳幼児の時って他にもいろんな心配事がくさるほどでてきます。また、それらに主に対処する母親の体調も万全とはいえない時期。だから、せめて予防接種くらいは、遅滞なくなく確実に受けておきたいですよね。私は今回の経験から、予防接種はできるだけ日本で受けることをオススメしたいと思います。予防接種事情は、国によっても状況が違います。今回みたいに、大丈夫だよーって言われてても状況が変わってしまうこともあります。また、自国民優先です。言葉の壁もあります。もちろん、日本も状況変わるかもしれないけど、その辺の情報は他の国より得やすいと思います。可能なら、日本で受けておいてこしたことはない、そう思います。

といっても、海外在住時に妊娠した場合、わざわざ出産&予防接種のために日本へ帰るのも大変って場合もありますよね。実際に、知り合いの日本人の方はこっちで出産されている方もいます。その場合の、予防接種ってどうやって受けているのでしょうか。今度聞いてみたいなと思います!

ではでは。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です