オンライン英会話を8ヶ月間利用してメリット&デメリットをまとめました。

(2017年11月3日 更新)

私は英語能力を上げるために昨年9月から今月までの8ヶ月間オンライン英会話でレッスンを受けていました。

来月より日本に一時帰国するので、オンライン英会話はしばらくお休み。

そこで、一端の締めくくりとして、今回は私のオンライン英会話を利用して実感したメリット&デメリットをまとめたいと思います。

結論を先に述べると、

オンライン英会話は、英語初心者のスピーキング能力を向上させる効果的な学習法!ただし、他の能力(リスニング、ライティング、リーディング)は、別の方法を考える必要がありそうだ。

となります。

[ad#co-1]

オンライン英会話を始めた理由と私の英語能力。

まず私がオンライン英会話を始めた理由を簡単に。

それは、東欧の国で英語でコミュニケーションとりたかったから、です。

東欧の国の人は英語を使える人がとても多いので、現地語がわからなくても日常会話なら英語で事が足ります。

だから私は少しでも英語が話せるようになって、現地の人とスムーズにコミュニケーションがとりたいと、すごく単純に思ったわけです。

最初は語学学校に行くことも考えました。

でも、うちには現在2歳半の娘がいます。保育園に通っていますが、平日の5時間のみで、急な体調不良もあると考えると、毎回決まった数時間に学校に行くことは厳しい。

そこで、家にいてもできるオンライン英会話から始めてみよう!と思い立ったのでした。

さて、私の英会話能力はどうれくらいかというと、、

簡単な文章なら分かる、言える程度、と自己分析して、ます。

客観的な指標としてあげるならば、TOEICは最高700点。

語学学校の検討時に受けたクラス判断テストは、6段階中の真ん中の3番目のクラス。

です。まさに中の中って感じですね。

ちなみに、利用したオンライン英会話は、DMM英会話です。

DMM英会話を選んだ理由は、名前を知っていたこと、あと東欧の国の先生が多くいるという話を聞いていたので、会話が盛り上がりやすいかな思ったことです。

まず、オンライン英会話を8ヶ月利用して感じたメリットについて書いていきます。

メリット①英語をしゃべる心理的ハードルがぐっと下がる!

私がオンライン英会話で感じた一番のメリットは、

英語をしゃべる「心理的」ハードルがぐっと下がったことです。

「心理的」というところがミソ。(もちろん実際にスピーキング能力も上がっているはずだけど!)

1レッスン25分は、語学学校に通うよりは短い時間ですが、

25分間は徹底的にマンツーマン!です。

先生に質問するのも私だけ、先生が質問するのも私だけです。

私がしゃべらないと、会話が止まってしまいます。だから、たとたどしい英語でも何でも必死に何か話そうとします。

さらに、そんな焦りまくってる私の姿は先生以外誰も見ていません。先生はこれが仕事なので、優しく見守りつつ合いの手を入れてくれる(笑)。なので、恥じることなく、しゃべることができます。

これを週2~3日やっていると、英語を声に出してしゃべることがより容易になってきます。最初は、背中に変な汗かきながら必死にやっていたのが、回数をこなすうちに落ち着いて話したり聞いたりすることができるようになります。

これは何度も話すことで、

心理的なハードルがぐっと下がったからだ、と思っています。

要するに英語に対する「英語キタ!どうしよう!!」的な拒否反応が薄れてきたわけです。

今では、

難しいことは分からないけど、聞き取れた単語で推測しつつ、簡単な英語で返す。

ことはできるようになったと自信をもっていえます!

まあ、まだこの程度ともいえなくもないですが(笑)

メリット②開始1分前まで別のことができる。

開始1分前まで別のことができる。これは、オンライン英会話ならではのメリットです。

語学学校に通った場合は、外に出る準備(服着る、化粧する、テキスト等カバンにいれる等)して、移動して、レッスン受けて、また移動して家に帰ってくる必要があります。

1回のレッスンの前後にその準備&移動の時間や労力がかかるわけです。

でも、オンライン英会話は、開始時間までにスカイプ立ち上げてPCの前に座ればいいだけ。

私の場合、開始1分前まで、掃除したり、ブログ書いたり、娘におやつあげたりしていました。また、上半身しか移らないので、ひどいときはパジャマで上だけなにか羽織ってレッスン受けていたり(笑)

もちろん、予習復習の時間は必要な場合もありますが、これは語学学校でも同じですよね。

移動コストなく時間を有効に使えるのも、オンライン英会話の大きなメリットだと思いました。

デメリット①複数日の予約ができないので、先生がどうしても毎回変わってしまう。

ここからはデメリットについて述べます。

最初のデメリットはシステム上の問題なので、DMM英会話の方に、改善をお願いしたい!

私は、「スタンダードプラン 毎日1レッスン」のプランを受講していました。問題は、(たぶんどのプランも同じだと思うのですが)1度に複数日の予約ができないことです。

各プラン1日のレッスン数=予約可能上限数です。予約中のレッスンが完了した時点で、次回のレッスンのご予約が可能になります。

引用:毎日話せる2つの料金プラン(DMM英会話)

例えば、月曜日19時にレッスンを予約したとして、次の予約できるのは月曜の19時25分以降(月曜のレッスン終了後)

つまり、毎日レッスンを受けたい場合、次の日のレッスンは前日のレッスン終了後にしかとれないことになります。

そうすると、ある程度人気のある先生は前日にもなると予約が全部埋まっていてとれない!ということになるんです。もし、その先生のレッスンを受けることを優先するなら、予約可脳になる数日後のレッスンを予約しなくてはならない。

仮に毎日レッスンを受けることを優先すると、毎回先生が変わってしまう可能性が非常に高い。

8ヶ月利用してみて、先生とは相性があるなと思っていて、会話が弾む先生もいればそうでない先生もいました。だから、毎回先生が変わってしまうのはちょっとしんどいと感じました。

デメリット②スピーキング以外の能力がなかなか向上しない。

オンライン英会話は、決まったコースがあるわけではなく、毎日自分で何を話すか、どんなテキストを使うかを決める必要があります。

もちろん、たくさんのテキストが用意されていているので、困ったらそのテキストを使ってレッスンを受ければいいのですが、、、。

テキストを順番にこなしていっても、何故か会話や内容がマンネリ化してきてしまうんです。いつも同じ事を話して同じことを聞いている。成長が感じられない。

何故かな?と自分で考えてみた時に、

しゃべる能力(スピーキング)は向上したけど、それ以外の能力(リスニング、リーディング、ライティング)がほとんど向上していないからでは?と考えるようになりました。

まず、リーディング&ライティングはテキスト読むとか、たまに事前に言うことを書き出すくらいでほとんど訓練していない。

一見伸びていると思っていたリスニングも、先生がゆっくり分かりやすく話してくれるから聞き取れていただけで、いざ実生活でノーマルな速さで話されるとほとんど聞き取れない。

つまり、スピーキングというアウトプットばかりでインプット不足になっているのでは?!

と気づいてしまったわけです。

まとめ、スピーキング以外の能力向上のための学習法と合わせての利用が更なる飛躍のカギ。

以上、オンライン英会話を8ヶ月間利用してのメリットデメリットをまとめました。

その結論は、

オンライン英会話は、英語初心者のスピーキング能力を向上させる効果的な学習法!ただし、他の能力(リスニング、ライティング、リーディング)は、別の方法を考える必要がありそうだ。

です。

英語をこれからしゃべれる様になりたい!と思っている人にとって、

オンライン英会話は、気軽に始められてかつ、いつでもどこでもレッスンできるので、とっかかりとしてはベストな学習法じゃないかと思います。

先生も優しいので、日本人が特に陥りがちな下手な英語を話す気恥ずかしさなども取り払われて、すごく自信がつきます。

あと単純に、外国の方と知り合って、違う文化や共通の趣味の話ができるのはとっても楽しいです。

ただし、それだけでは英語でコミュニケーションができるようになるわけではない!!

(言ってみれば当たり前か!!)

聞いたり、読んだり、書いたりも必要。

オンライン英会話だけやっていると、そのあたりの強化がおろそかになりがちです。

もちろん、テキストや使い方次第で工夫はできそうですが。

私は特に、リスニングの強化が優先順位が高いと考えています。なので、来月はリスニング強化月間としたいと思います。

英語しゃべれるようにないりたいなーと思っている方がいたら、まずはオンライン英会話初めてみるのはすごく「アリ」だと思います。慣れてきたら、次の学習法を考えればよし♪

それでは!

★ブログランキングに参加しています★

たくさんの駐在妻さんのブログが見られるので参考になりますよー。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

[ad#co-2]

[ad#co-1]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です