【今日の晩ごはん@東欧の国】BBQポークグリル、野菜バターソテー、ゆかりパスタ

こんにちは、nodayaです。
「今日の晩ごはん@東欧の国」では、日本人である私が、平日夜に作っている晩ごはんを紹介します。

全世界のお母さんがおそらく毎日悩んでいることの一つに「今日の晩ごはん何しよう?」があると思います。

特に駐在妻は、

「現地の食材をできるだけ使って慣れた味をどうやってだそう?」

「●●食べたいけど、こっちで売ってない。じゃあ、自分で作ってみよう!でも、どうやって?」

「帰国の機会が限られているなかで、日本からどんな食材を持ってくれば、

充実した日本食ライフを送れるのか?」

など、日本にいたころには思いもしなかった悩みにも直面します。

この記事が、そんな悩みに対する小さな答えや参考になればいいなと思います。

(私も現在進行形で悩んでいますがw)

本日のメニューは、BBQポークグリル、野菜バターソテー、ゆかりパスタ、酢キャベツ、大根のみそ汁!

先週月曜に作ったメニューです。

美味しそうな豚ばら肉が手に入ったので、がっつり肉食メニューに挑戦です。

[ad#co-1]

本日のメニュー

主菜:BBQポークグリル
副菜:野菜バターソテー、ゆかりパスタ、酢キャベツ(市販)
汁:大根のみそ汁

メニュー決定までの思考回路

週末の買い物で、美味しそうな豚ばら肉が手に入ったので、「これを活かす食べ方は、、、オーブン焼きだ!」と思い立ちました。味付けは塩コショウじゃ芸がないと思い、がっつり系BBQ味にすることに。って良く考えたらBBQソースを持ってなかったのでw、自分で作ってみることにしました。(※BBQソース作成は日曜に行いました)

BBQの付け合せとして、野菜ソテーとパスタをつくることにしました。最近、緑の野菜が不足がち(冬で新鮮なのがあまり売ってないため)なので、冷凍インゲンを投入。パスタの味付けは夫リクエストで決まりました。

酢キャベツはどこででも手に入る常備菜。日持ちもするので、よく買っておきます。肉料理との相性ばつぐん。

 

レシピ・作り方

主菜:BBQポークグリル

BBQソースの作り方は、

アメリカ式バーベキューソースの作り方

を参考にしました。

変更点:とんかつソース→中濃ソース(とんかつソースなかったので)

ブラウンシュガー→はちみつ(よりコクがでるかなと思ったのですが、、、w自己評価に続く)

上記のソースに豚バラ肉を漬けて冷蔵庫で一晩おく。(←ここまでは前日作業)

食べる1時間くらい前には冷蔵庫から出す。(常温に戻したあと、オーブンで焼きたいため)

オーブンを200度にあたためて、豚バラ肉を焼く。焼き加減を見ながら裏返す。
副菜:野菜バターソテー、ゆかりパスタ、酢キャベツ(市販)

野菜バターソテー

ニンジン、ジャガイモ、インゲンを一口大に切って、それぞれ固ゆでしておく。フライパンにバターを入れて溶けたら上記の野菜を入れていためる。塩コショウで味をつける。

ゆかりパスタ

パスタを茹でて、ボウルに移す。サラダ油を数滴入れてパスタがくっつかないようにする。

ゆかりをいれてまぜる。

汁:大根のみそ汁

省略。

工夫した点

前日までにBBQソースにつける作業を終わらせておくことで、お肉も柔らかくなるし、当日はオーブン温めて焼くだけ!で楽になります。また、漬けておけば2~3日は日持ちもするので、「今日は時間がない!やる気がでない!」っていうときのピンチカードとしてストックしておくのもアリだと思います。

自己評価

主菜:BBQポークグリル

市販のソースに比べて、味がまろやかでおいしい!添加物ほぼなしだからかな。

ただ、ブラウンシュガーをはちみつに勝手に変更したせいか、少し甘ったるい味になってしまった。また、思ったよりも脂身が多かったので、後半胃もたれ。。

今度はちゃんとレシピどおりに、赤身多めのお肉で再チャレンジします。
副菜:野菜バターソテー、ゆかりパスタ、酢キャベツ(市販)

野菜バターソテーは、インゲンゆですぎが反省点です。キッチンタイマーなしでやっているので、他の作業に気をとられるてこういうことが起こってしまいます。

キッチンタイマー買おうかなぁ。。

ゆかりパスタは、安定のおいしさ。ゆかりって万能だなぁ。
汁:大根のみそ汁

久しぶりに大根が手に入ったので、美味しくいただきました。

<本日使った日本食材>

■中濃ソース

中濃ソースといえば、ブルドック。いつもお世話になっています。

■ウスターソース

ウスターソースはこちらでも買えますが、夫が「このウスターがいい!」というので、日本からわざわざ持ってきています。確かに、こっちのより味がまろやかな気がしています。

■ゆかり

ご飯、おにぎり、パスタにも。万能なゆかりさん。切らさないように毎帰国時に買っています。

■あごだし

いつものうちのだし。

それでは。

[ad#co-2]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です