【今日の晩ごはん@東欧の国】炊き込みご飯、タラモ、鶏団子スープ

こんにちは、nodayaです。新しいシリーズ始めます!

その名も「今日の晩ごはん@東欧の国」!!!

私が平日夜、東欧の国で作っている晩ごはんを紹介します。

そのなかで、海外ならではの工夫、便利な日本食材の紹介などをしていきたいと思っています。

ではどうぞ~

本日(1/23)のメニュー

主菜:炊き込みご飯(土佐のかつおめし)

副菜:タラモサラダ

汁:鶏団子と白菜春雨のあったかスープ

メニュー決定までの経緯

白菜が余っていたので、白菜消費のメニューを先ず考えました。昨日スキーに行ってきて体が冷えたので、あったまるようなスープが食べたい!ということで、鶏団子のスープに決定。レシピは、きょうの料理の「だしが決め手の鶏つくね鍋」の鶏つくねを参考にしました。

さらに、ジャガイモが余っていたので、頂き物の「博多辛子めんたい粉」(粉になってる明太子)を混ぜるだけのタラモサラダを作りました。

上記の2品だけじゃ寂しいなと思い、炊き込みご飯を追加。これまた頂き物でまぜるだけの、「土佐かつおめし」を利用。1つしかないので貴重品だけど本日使っちゃうよー!

作り方

■炊き込みご飯(土佐のかつおめし)

ご飯を3合炊いて、炊きたてのうちに土佐のかつおめしを入れて混ぜる。

■タラモサラダ

ジャガイモ2個を皮ごと茹でて、柔らかくなったら取り出してすぐ皮をむく。あたたかいうちに、つぶして博多辛子めんたい粉と生クリームを入れて混ぜる。

■鶏団子と白菜春雨のあったかスープ

■ニンジン、鶏むね肉(約500グラム)をそれぞれフードプロセッサーにかける。長ネギの半分、しょうがはみじん切り。白菜は5ミリくらいの短冊切りにする。半分の長ネギは斜め切り。

■鶏ひき肉に、みじん切りにしたニンジン、長ネギ、しょうがと、味噌約大匙2、塩コショウ、白ゴマを入れて、粘りがでるまで混ぜる。つくねの元のできあがり。

■油を敷いた鍋に白菜、ネギを入れて炒める。その後、水1リットルをいれる。沸騰したら、つくねの元を一口大に丸めて入れる。また沸騰したら、弱火で煮込む。塩で味を調整。食べる直前に春雨を入れる。

 

工夫した点

鶏ひき肉は東欧の国ではマイナー商品です。中規模のスーパーでは売っていない場合が多いです。なので見つからない場合は、今回のように鶏むね肉を買ってきて自分でフードプロセッサーかけてつくります。

ひき肉に味噌を多めに練りこむことで、スープにも味がしっかりつきます。また、野菜を最初にいためることで、ダシをいれなくてもおいしくいただけました。

タラモサラダには、生クリームが冷蔵庫に残っていたので追加。無くても大丈夫ですが、よりクリーミーなあじになって美味しくなりました。

自己好評

カツオはまず手に入らないので、炊き込みご飯(土佐のかつおめし)は貴重なお味。おいしかったです。これツナ缶でも応用できないかなぁと思いました。

鶏団子と白菜春雨のあったかスープには、しょうがをたっぷり入れたのでとってもあったまりました。鶏団子もたくさん入れたので、これも主菜になった。

タラモサラダ、生クリームいれたおかげで舌触りもよくなりました。娘は食べてくれなかったけど笑

 

<本日使った日本食材>

■土佐のかつおめし

しょうが味としょうゆ味があるみたいですね。うちのはしょうゆ味でした。くせのないシンプルな味でおいしかったです。2才の娘も海苔かけてばくばくたべてました。

■海苔

■春雨

■味噌

■博多辛子めんたい粉

さすがに東欧の国では明太子入手できないので、こういうのがあるとうれしいんですよね~。明太子パスタとかもできます。

では!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です