駐在妻が着付けから学んだこと。上達の鍵は、明確な目標と冷静な現状認識。

こんにちは、nodayaです。

先週、東欧の国で天皇誕生日を祝うパーティーがあり、駐在員の妻という立場で出席してきました。毎年、日本人女性は着物を着て出席することが慣例となっていたので、着物での出席です!

東欧の国に来るまで、私は着物を自分で着たことがありませんでした。その私が、一念発起!練習を重ねて、当日1人で着物を着て出席することが出来ました。正直、手伝いもほとんどなく自分で着られるまで上達するとは思っていなかったので、とっても自信になりました。

今回は、着付けできるようになるぞ!と心に決めてから、無事に着物で出席できるまでの過程で学んだ、物事を上達させる際に大事なことについて、忘れないうちにまとめておきたいと思います。

スポンサーリンク




 

まずは、できるだけ明確な目標を立てる。

「目標を立てる」なんて当たり前ことのようですが、大事なのは「できるだけ明確な」ってところ。今回私の立てた目標は、

「12月にある天皇誕生日を祝うパーティーに自分で着物を着て出席する」

でした。日時もすることもかなり明確な目標です。

東欧の国に来たばかりの私は、「どうしよ~着物着られないし~何が必要か分からないし~不器用だし~小さい子もいるし~1人じゃ練習できないし~」とできない言い訳ばかり考えてぐだぐだしていました。でも、パーティーの日付が迫ってくるうちに、「着付けを勉強する時間も機会も今しかないかもしれない!だったらこの機会に着れるようになっちゃおう!!」と決心しました。

次に、過大も過小も評価しない、冷静な現状認識。

目標は決まりました。次にしたこと、それは自分のおかれた現状を一つ一つ認識することでした。今回、このプロセスが一番重要だと思いました。

現状認識で何より大事だなって思ったことは、冷静であること。過大評価も過小評価もしないこと。どんどん具体的にすること。です。

例えば、上記の着物着られないし~については、確かに私は最初に何をどのように羽織ればいいかすら知らないし、道具の名前すら知らなかったです。でもそこで、「こんなに知らない私恥ずかしい、、、」とか思って、知らないままにしておくとか、または、知ったかぶりするとか余計なことはしない!

また、月2回程度、駐在妻さん有志による着付けのお稽古が開催されていました。私はこれに参加することができて、先輩に指導してもらうことができる。ここでも、「そんな有閑クラブみたいなところに行きたくないー」とか「奥様たちとのおしゃべりちょいしんど、、、」とかはどうでもいいことなので無視します。ここで感情はいりません。あくまでも、現状認識。目標達成のために今なにがあって、何がないのか。冷静に一つ一つ確認することが何より重要です。

そして、現状から目標までの小さな一歩の積み重ね。

未来の目標と、現在の認識をしっかり固めました。そうすれば、あとはもう点(現在)から点(未来)に向かって、定規で線を引くように、一歩一歩進むだけです。もちろん現実は、いきなりびゅーんと一直線なんてことはできないし、途中で止まったり折れたり曲がったりします。でも、足元分かって、行き先も分かっているならあとはその一歩のために何すればいいか冷静に考えて進むだけ。

で、具体的にしたことといえば、着付けの本とにらめっこして、着物や道具の名前を覚える、本の説明通りに着付けにトライする、お稽古会の前に自分で着てみて分からないところを確認して、お稽古会の時に確認するくらいです。最初1人で練習した時は、分からないことが多すぎて頭に血が上ってクタクタになりましたが、だんだん分かることが増えてきて疲れなくなってきました。毎回大変な努力をして、、という感じではなく、一つ一つやっていたら、気付けば出来るようになってたという感じです。

まとめ、得られたのは誰が何と言おうとブレない自信。

パーティーの前後、一緒に着付けを練習した奥様たちから「nodayaさんがこんなに着られるようになるなんてびっくり!ほんと良くできるようになったねー」とお褒めの言葉を頂きました。(まあ、最初がどんだけヒドかったかって話ですがw)

また、実際はと言うと、完璧に着れたわけではなく、くしゃっとなった部分もありました。また、コレを読んだ方の中には「着物の着付けなんて練習すれば誰でもできるようになるし!江戸時代はみんなやってたし!」「駐在妻は暇で時間あるからね~これくらいしかすることないんでしょ??」と思う方もいると思います。はい、その通りです。

出来るようになるまでは「着られてほめられたら嬉しいだろうな!自慢しちゃうなーー!」と思っていたのですが、今は褒められてもまたは貶されても、「そうですねーご指摘ありがとうございます。」としか思わないです。

なぜかって言うと、誰が何ていおうと自分は点から点へと進むことが出来たという実感があるからです。これはとっても自信になりました。

何かしたい、できるようになりたい!っと思っている人(てか大体みんなそう思っていることがあるはず)、できない言い訳や、小難しいことは考えずに、「出来るだけ明確な目標と、冷静な現状認識!」を掲げて取り組んでみると、意外と簡単に上達するかもしれませよー。

ではでは。

[ad#co-2]

[ad#co-1]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です