東欧の国での子育てであるもの、ないものを日本と比べてみた。

こんにちは、nodayaです。娘が6ヶ月の時に東欧の国に移住した駐在妻です。
駐在員の義務として、年に1回1ヶ月の一時帰国をしています。これまで私用も含めると3回、約3ヶ月程日本(東京)に一時帰国しました。つまり、ちょっぴり東京での子育ても体験してます。

そこで今回は、東欧の国と(短いながら)日本での子育てをしてみて、東欧の国にあるものないものを日本と比較してみました。

スポンサーリンク




 

結論から言うと、東欧の国であるものが良いので子育てしやすい!!!なんですが(笑)ではどうぞー。

東欧の国にあるもの(多いもの)

日本と比べて、東欧の国にはあるよなー多いよなーていうものをあげました。

母子だけで気軽に出掛けられる治安の良さ

まずこれ一番だよね。日本ではあまり馴染みのない国なので、よく「危なくないの?」って聞かれるのですが、全然危なくないです。気軽に公園行ったり、保育園に徒歩で送り迎えしてます。

ベビーカーを持ち上げてくれる人。

東欧の国では街なかで段差にてこずっていたり、階段しかなかったりする場面では必ず誰かが助けてくれました。しかも、すごくさりげない感じで。ベビーカーを押している人を助けるのは当たり前なんですね。これ本と助かるし、うれしい。

東京では、もちろん助けてくれる人もいるけど、助けてくれない場合も多いです。駅とかあんなに人がいるのに!東欧の国の人口密度を考えたら、助ける人の割合はすごく差があると感じます。

ぐずっても笑顔を向けてくれる人。

これも本当に助かります。こっちとしては、ぐずったら「あーうるさくて迷惑かかるかなごめんなさい。」って思うけど、東欧の国の人は「あらあら元気ねー」みたいな感じで、温かく見守ってくれます。

日本にいる時は、ぐずらないかとても気を遣います。疲れます。そんな雰囲気がそこかしこにあると思います。

子どもがいても気にしないでいてくれる人(それが普通)。

上の二つがある根本の要因がこれじゃないかと思います。子どもがレストランでもカフェでもどこでも、いるのが普通なんですね。みんなそれが普通だから、ぐずるのも仕方ないことだって理解しているから、気にもならない。身近に子どもがいるのが当たり前って感じ。

日本は、子ども達は子どものいる世界に隔離されているんではないかと感じます。だから、子どもがどんな生き物か知らない人が多い。だから、大声で泣いている声が「未知」で「違和感」だから、「騒音」「雑音」に聞こえる人が多いんじゃないかと思います。

空いている&安価な移動手段。

これは経済的な話。周りが優しいとは言っても、ちびっ子との移動はなかなか大変なもの。だから、雨の日や長距離はタクシーに頼れるのがありがたいです。なんたって値段が安いんです。

日本は周りの目は厳しいは、タクシーは高いはで、だったら「家にいとこっかな」ってなりますよね。「外行きたいのに行けないのは母子ともにストレスの原因になります。

東欧の国にないもの(少ないもの)

とはいっても、東欧の国にもないもの、少ないものもちろんあります。

便利なベビーグッズ。

東欧の国にきて、日本にはどんだけ多種多様な便利ベビーグッズがあるのかと思い知らされました。離乳食パウチとか、小さい子袋お菓子とか、小さい爪きり、子供用綿棒などなど。残念ながらそんなものは、東欧の国にはありません。なんか全部デカイ、数多いんだよなー。

キレイな公園&歩道。

もちろんキレイに整備された公園もあるにはあるのですが、家から近い小さめの公園はタバコの吸殻&犬のう○こがたくさん泣!小さい子を遊ばせるにはためらいがあります。口に入れたり踏んだら大変!!

日本は、小さい公園でも市町村が管理していたりするとキレイですよね。あれは本当にすばらしいと思います。

ちゃんと区切られた分煙スペース

こっちの人は喫煙者ほんと多いです。なので、ほとんどのレストランカフェに禁煙席がありません。数少ない喫煙席も、きっちり区切られてないので、となりの喫煙席から煙がくるよーっていう感じです。赤ちゃん連れは、煙が気にならない外の席に座っています。でも冬は、外の席寒くて座れないので、我慢するか、行かないかの2択になります。。

日本は今や分煙or禁煙席がメジャーだから、あまり気にせずお店に入れるのはいいよね!

専用のオムツ替え部屋、授乳室。

日本のデパートにあるようなキレイでひろーいオムツ台&授乳室一体型コーナーはみたことがありません。大型ショッピングセンターにオムツ替え部屋が階に1つあるくらい。

日本のこのような設備に慣れてしまうと、東欧の国では不便に感じるかもしれません。

頼んだら素早く確実に自宅に届く、ネット通販。

東欧の国では、ネット通販やってるところももちろんあるけれど、アマゾンみたいなこのサイトで何でも買えるみたいなサイトは今のところ見つかってません。(てかそんなにほしいものがないっていうのもあるw)

そう考えると、日本のネット通販すごすぎです。ほしいものがネットで選びたい放題の上に、注文して数日で確実に届くとか!!特に子どもが小さいと買い物も大変だから、本当に便利すぎです。

まとめ、子育てしやすいのは東欧の国。便利ものはなくてもいい。いて欲しいのは人。

これを読んだ人は、日本と東欧の国、どっちが子育てしやすいと思ったでしょうか?東欧の国は人が優しそう。でも、不便は不便よねー。欲しいものも手に入らない。衛生面も気になるわ。やっぱり日本??

私の意見を言わせていただくと、断!然!、東欧の国です。
もともと私が物欲があまりないせいかもしれませんが、モノはなくても何とかなるんです。逆にあるもので何とかしちゃう達成感もあったり。でも、人の手助けと温かい目は子連れにはとっても必要。それがないと、外出大変だし、つらいし、ひきこもり、からのストレスためるコースです。子どもが外でぐずったりじっとしてなかったりは止められないから。

このすばらしい子育て環境に慣れてしまった私たち家族。今から東京に帰るのが恐ろしくてガクプルしてます。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です