その他」カテゴリーアーカイブ

スタバよりドトールのほうが顧客満足度が高いって知って嬉しかった件。

東欧の国にはカフェはたくさんあるけれど、スタバもドトールもありません。

だから、一時帰国中はつい懐かしさで無駄にスタバやドトールかお茶をしたくなり、

買い物や移動の途中に、うろうろ探しては入って一服していました。

その際、行くのはスタバかドトールか?

約1ヶ月間一時帰国して、スタバもドトールも行った結果、

「結局、私はドトール派なんだ!!」と再認識しました(笑)。

といっても、スタバはいつも人がいっぱいだから、1番人気で、

私は少数派なんだろうーななんて思っていたのですが、

とあるニュースを見て、

私と同じ気持ちを持っている人が統計的にも多いらしい、、!

ということが分かってちょっと嬉しかったので、それを今回記事にしたいと思います。 続きを読む

【簡単!確実!】自治体の計画に物申したい人は、パブリックコメント制度を使ってみてほしい。

昨日、内閣府が主催のおとう飯に関する記事を書いたので、その流れで

私がコンサルタントとして働いている時に知った、

誰にでも簡単にできる、行政の計画等に対して事前に意見できる方法を紹介したいと思います。

その方法とは、パブリックコメント制度を利用する!というものです。

この方法は、実は誰でも簡単にできるのに意外に認知度低いんだな、、、と

思っていたので紹介します。

もちろん、何でもいつでも意見が言える訳ではないのですが、

インターネット使えば本当に簡単なので!ぜひ試してみてください。 続きを読む

おとう飯は誰得キャンペーンなのか、調べてみた。

本サイトのメインテーマである海外移住とも駐在妻ともあまり関係ない話なのですが、

母として妻として、そして元コンサルタントとして、

気になる内閣府のキャンペーンを見つけました。

それがこれ「おとう飯」キャンペーン。

私の第一印象は、「センスない!」「また行政が無駄な予算使ってる、、」でした(笑)。

でもココは一旦落ち着いて、このキャンペーンが

誰がやってるのか?

何目的でやっているのか?

お金はいくら使われているのか?

誰に、何に払われているのか?

結局誰が得しているのか?

個人的に興味がでたので、元コンサルタント(主なクライアントは行政機関)だし、行政文書とか予算とか読んでみて調べてみました。

調べても分からないこともあったけど、ざっくり予算とか分かることもあったよ~!

 

続きを読む

東欧の国で歯の矯正受けました!つけ心地、今のところ問題なし♪

こんにちは、nodayaです。
先週こんな記事を書きました。

東欧の国で歯科矯正を受けることにしたので、その理由を書いてみた。

本当は先週行く予定でしたが、体調不良で延期。
そしてついに本日行ってきました!!
もちろん初めての矯正、しかも異国の地で。不安半分、興味半分。どきどき!!

どれくらい海外で矯正を受ける日本人がいるのかは分かりませんが、個人的になかなかない体験だったので、今回は本日受けた治療のながれをご紹介します! 続きを読む

東欧の国で歯科矯正を受けることにしたので、その理由を書いてみた。

こんにちは。nodayaです。
突然の話ですが、東欧の国で歯の矯正を受けてみることにしました。今週行ってきます。日本にいる時から気になっていた歯の矯正。今回、なんで東欧の国でわざわざ受けることにしたのかその理由を書きたいと思います。 続きを読む

そもそも、海外に住む日本人ってどれくらいいるの?

こんにちは。
私は、旦那の海外駐在にくっついて、東欧の国に住んでいます。
そしたらすっかり海外での生活を気にってしまったので、
将来は海外永住!を目指しています。

今は「駐在員の妻」というステータスで、数年内に日本に帰ることは決まっていますが、
今からでも海外永住に向けてできることはしておきたい!
ということで、まずは海外永住に向けた基礎情報を、
インターネットで拾える情報を中心に収集したいと考えています。

今回はその第一弾、タイトルの通り
「そもそも海外に住む日本人ってどれくらいいるの?」
という疑問に自ら答えていきたいと思います。

1、海外に住む日本人は約130万人

今回の在海外に住む日本人関係の数字の根拠は、日本の外務省が毎年出している
「海外在留邦人数調査統計」、平成28年要約版(平成27年(2015年)10月1日現在)
によっています。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/page22_000043.html

それによると、2015年10月1日現在に海外に住む日本人
(統計書の言葉を借りるなら、「わが国の領土外に在留する邦人(日本人)」)
は、

131万7,078人

だそうです。約130万人!!
、、、って多いのか少ないのかいまいちわからん笑
てことで、例えば、日本の人口は約1億3000万人ですから、
日本人が100人いたら1人は海外に住んでいる計算ですね。ん意外に多いか??

2、うち永住者は約50万人

130万人のうち、じゃあ永住者はどれくらいかというと、
約50万人です。割合にすると約35%。
後は、留学生とか私たちみたいな駐在員関係の人とかのようです。

で、永住者数トップ5は、
1位アメリカ 18万人
2位オーストラリア 5万
3位ブラジル 5万
4位カナダ 4万
5位イギリス 2万
ここまでで約35万人です。

意外、アジアの国がまったく入ってこない!!
ちなみに、アジアトップ1は9位の韓国の9000人。中国じゃないんだ!
ここで注意したいのが、これはあくまで、「永住者」の人数ということ。

留学駐在なども含めた全体の人数にすると、
中国が2位、タイが5位に入ってきます。(1位アメリカ、3位オーストラリア、4位イギリス)

3、日本人の人口は減っているのに、海外に住む日本人は増えている!!

さらにここで注目したいのは、
年々、海外に住む日本人の数は増えている!!ということです。

なんとこの統計を取り始めた1968年(昭和43年)からずっとらしいよ!
この5年間でいうと、13万4,521人増加してるらしいよ!

すごくない?だって
日本人の人口は減り始めているんですよ。

平成26年10月1日現在、1年間で27万人減ったらしい。
http://www.stat.go.jp/data/jinsui/2014np/index.htm

つまり、海外に出ていく方向性は強まっているっということですね。
最近、若者の内向き思考とか、海外離れとか言われているから、
減ってるのか増えてないのがトレンドなのかなっと調べる前は思っていたけど
数字的にはそうじゃないんだ。

私の感想を述べるなら、
「日本人は望むと望まないとにかかわらず、海外に出ていいかざるを得ない状況に
たたされている(けっこう、知らないうちに?)」
なんじゃないかしらと思います。

だったらさ、自分たちの思うようなかたちで、海外でていきましょうよ!!
って思いました。
それには知識と海外で身を立てる術が必要だよね。
おしっ、がんばろう!

ではでは。