日別アーカイブ: 2016年8月22日

海外に目を向けようって考えてもらうって難しい、、、でもあきらめないゾ!

と思った件。

両親にいくら、海外の自宅に遊びにおいでよって言っても来てもらえなくて泣。

肉親ですら説得できないので、
海外に行ってみたい、住んでみたいって思う仲間を
増やすのって、難しいんだなぁと実感中した次第です。

あれだけ「海外に行ってみたい」って言っていた母親だったのに、
お金がないに始まり、
長いこと飛行機に乗っていられない、
テロが怖い、
仕事休めない、有給もうない、
旅行パンフながめてるうちに、海外旅行熱がさめた、
などなど行かない理由盛りだくさん。

きっとどれも本当の理由じゃなくて、きっと何か他にひっかかってることが
あるんじゃないかなとも思ったり。

例えば、漠然とした人生へのあきらめとか。老後の不安とか。

人間はついつい「ないもの」に目がいきがちです。
私も日本にいた頃は、「私はあれができない、これができない、能力がない」
と、ないことばかりで、落ち込んだり焦ったりしてばかりでした。

でも、海外生活を始めて、当たり前だったものが「ないないづくし」で、
でも、なくても生活できたり、なくても普通に楽しんでいる人たちがいたり、
「ない」が小さな「ある」に変わったときの達成感をたくさん味わいました。

これらの体験を通して、
「ない」のは当たり前なので「ある」ところから小さくても始めよう、
と思えるようになりました。

そうすると不思議と、あれあれけっこう「ある」じゃん!「なんて恵まれていたのか」と
気づき、周りへの感謝の気持ちが芽生えました。

本当にこの考え方ができるようになってから、毎日の生活が前よりぐんとつらくなくなり、楽しくなりました。
だから、この感覚を他の人にも味わってほしいなって思うんです。

どうしたら、ちょっとだけ海外に目を向けてもらえるでしょうか。うーん。
その一つの手段がこのブログで、読んだ人が少しでも、
「海外で生活かー、ちょっと考えてみようかな」って思えるようになったら良いなと思って書いています。
がんばろう。

ではでは。